まずはお問い合わせフォームより、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ

白橋グループ

Shirahashi Group

1925年―
東京都台東区の小さな一軒家で始まった私たちの歴史。
印刷の奥深さの中で時に迷い、印刷の難しさの前で時に立ち止まった歴史の中で得られたもの。およそ100年にわたり印刷と向き合い、多くの職人の手から手へと紡がれた確かな技術力。
「印刷だからできること。白橋だからできること。」
時代に対応し、新しいものを取り入れながら進化した私たちの品質。それこそが「白橋クオリティ」

白橋が考える名刺

Shirahashi’s Business Card

「名刺という小さな紙の上でできる全てのことをー」。
ビジネスとは「競争」。ビジネスにおいて名刺とは「号砲」。
お客様や競合他社に「自分」を伝えることから始まる競争で、スタートラインに立った段階からライバルをリードして頂きたい。
それは、名刺にしかできないことで名刺だからできること。

白橋だから作れるモノ

Shirahashi Quality

名刺はどこで作っても一緒か。それは違う。
デジタルという言葉が世の中の非常識だった20年前から、私たちはデジタル印刷で名刺を作っている。
20年で培ったデジタルに対する技術に誇りを持っている。
しかし、最後は一箱一箱、人の目で検品をする。
印刷のズレ、色のムラ。
起こりうるリスクを私たちは許さないために。
300社以上、年間8000万枚を生産する私たち。多くのお客様に選んでいただいている実績が、私たちの誇り。 熟練の職人が毎日に職人人生をかける。それこそが白橋だからできる名刺を生む。


筆文字名刺

Fudemoji Meishi


※2020年10月17日、アマゾンプライム「プロ野球そこそこ昔ばなし」でナイツのお二人にお作りしました。

受け取った人に、机の中で放置される名刺を作ることを私たちは良しとしない。受け取った人の中に、名刺自体が記憶として残れば、送った人のことも忘れない。
白橋の筆文字名刺は、紙の上で、一流の書道家が書き上げた持ち主の名前が躍動する。名刺の上に印刷された名前に、命を吹き込む。躍動させる。記憶の中に入り込む。
名前を伝えるだけではない。名刺をアートに変える。
例え一日に何十枚という名刺を受け取ったとしても、筆文字名刺はその束の中に埋もれない。大切にしたくなり、誰かに見せたくなる。
筆文字名刺は、受け取った人が机の中に放置する名刺にはなりえない。名刺を交換した段階で、競合他社との競争で少し前を行ける武器になる。


Shirahashi Quality
×
Yuna Okanishi


創業95年の印刷技術で
一流書道家が命を吹き込んだ文字を
名刺へと昇華させる


岡西 佑奈

Yuna Okanishi

プロフィール

6歳から書を始め、栃木春光に師事。高校在学中に師範の免許を取得。水墨画は関澤玉誠に師事。書家として文字に命を吹き込み、独自のリズム感や心象を表現し、 国内外で多数受賞。 自然界の「曲線美」を書技によって追求し「自も他もなく、全ては一つであり調和している」という、自然と人間、万物の調和が世界平和の一助を担うという信条を持ち、創作活動を行う。
近年では、書のみならず、墨象や絵画を手掛け、青い地球への想いを昇華させた「青曲」(軽井沢ニューアートミュージアム)など国内外で個展を展開。絵画のような独自のライブパフォーマンスでも注目され、2019年6月に天津文化センターでのパフォーマンス作品が中国天津美術館に収蔵、11月には世界遺産東大寺にも奉納された。フランスのユネスコ大使公邸にも招聘、また国連ウィメン日本協会のアーティストとして活動しUN WOMENのイベントに参加。
2020年5月にはニューヨークリンカーンセンターに招聘され、ライブパフォーマンスと展示を行うなど、多方面で国際的な活動をみせる。また、「子どもに命の大切さを伝えたい」という思いからボランティアで小学校での書道教室を開催している。 初の作品集「線の美」(青幻舎)が刊行され好評を博している。

名前が「書」に代わる

The name becomes a work of art

岡西祐奈が書いた世界に一つだけのお客様のお名前。額装し、お客様のもとに。
一流書道家が「自分の名前を書に代えた贅沢」をご体感ください。
毎日眺める自分の書は、お客様の名刺入れの中で唯一無二のビジネスツールとして控えています。


納品までの流れ

Process


料金

price


 書購入費用  210,000円
 筆文字名刺のみ ※書はお客様のもとに届きません  120,000円
 名刺印刷代金(1箱)  3,000円〜
※二回目以降のご注文に関しては、名刺印刷代金のみになります。
※別途送料がかかります。
※通常名刺は紙の箱に入れてお届け致しますがオプションで桐箱などに入れてご贈答用などにも対応致します。
詳しくはお問い合わせください。
まずはお問い合わせフォームより、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ

プライバシーポリシー

privacy policy


株式会社白橋は、すべてのデジタル情報に関して情報加工を業として、高度情報通信社会における個人情報保護の重要性を認識し、以下の方針に基づき個人情報の保護に努めます。

個人情報の収集について

当社は、個人情報を収集する場合に、その収集目的を事前に明らかにし、本人の同意を得た上で収集いたします。また、収集した情報は、収集目的以外の用途には使用しないこと及びそのための措置を講じます。

個人情報の利用について

・当社は、個人情報を、取得の際に示した利用目的の範囲内で、業務の遂行上必要な限りにおいて利用します。
・当社は、個人情報の取扱いを第三者に委託する場合には、当該第三者につき厳正な調査を行ったうえ、秘密を保持させるために、適正な監督を行います。

個人情報の第三者提供について

当社は、法令に定める場合を除き、個人情報を、事前に本人の同意を得ることなく、第三者に提供しません。

個人情報の管理において

・当社は、個人情報の正確性を保ち、これを安全に管理致します。
・当社は、個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏えいなどを防止するため、不正アクセス、コンピュータウイルス等に対する適正な情報セキュリティ対策を講じます。万が一事故等が発生した場合は適切な是正処置を行います。
・当社は、個人情報を持ち出し、外部へ送信する等により漏えいさせません。

個人情報の開示・訂正・利用停止・消去について

当社は、本人が自己の個人情報について、開示・訂正・利用停止・消去等を求める権利を有していることを確認し、これらの要求ある場合には、異議なく速やかに対応します。
なお、当社の個人情報の取扱いにつきましてご意見、ご質問、苦情等がございましたら、下記の当社個人情報相談窓口までご連絡下さいますようお願い申し上げます。

組織・体制

・当社は、個人情報保護管理者を任命し、個人情報の適正な管理を実施致します。
・当社は、役員及び従業員に対し、個人情報の保護及び適正な管理方法についての研修を実施し、日常業務における個人情報の適正な取扱いを徹底します。

個人情報保護マネジメントシステムの構築・実施・維持・改善

当社は、個人情報の取扱いに関する法令及び国が定める指針その他の規範を遵守するとともに、この方針を実行するため、個人情報保護マネジメントシステムを構築し、これを当社従業者その他関係者に周知徹底させて実施し、維持し、継続的に改善致します。

 

 

平成17年4月1日制定
平成27年8月1日最終改訂
株式会社 白 橋
代表取締役社長 白 橋 明 夫

会社情報

Company




まずはお問い合わせフォームより、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ