ダイレクトマーケティング

ダイレクトマーケティングとは、アメリカのレスター・ワンダーマンという人が1960年代に提唱したマーケティング手法で、ダイレクトメールやWEBサイト、メールマガジンなどを活用し、より直接的に消費者情報を収集する広告戦略のことです。従来のテレビ、ラジオ、新聞、雑誌といった特定個人を対象としていないマスマーケティングに対し、特定個人を対象とするダイレクトマーケティングは、より効果 的に消費者ニーズを収集し、商品を訴求できると考えられている。多様化・細分化している消費者ニーズに、インターネット等を活用することで、コストパフォーマンスの高いマーケティングを行うことができます。日本ではあまりなじみがありませんが、アメリカではテレビCMのようなマス広告よりも多く利用されています。弊社では、webサイト制作・オンデマンドパブリッシング・データベース構築など様々なノウハウを活用し、レスポンス効果 のより高いダイレクトマーケティングを支援します。

 


ダイレクトマーケティングにおける戦略概念

 


 

オンデマンド・バリアブル出力を活用した
ダイレクトマーケティング

自社の商品やサービスについて、消費者に直接訴求できるダイレクトメール(DM)。他の媒体とは違い、あらかじめ特定の層に的を絞り、より興味を喚起するメッセージを送付できることから、百貨店をはじめとする小売業・流通 業のほか、金融・保険、不動産などあらゆる分野で広く活用されています。一方、DMの消費量 が増える現在、企業にとっては費用対効果の測定や個人情報への配慮なども欠かせない取り組みとなりつつあります。DMの意義や課題を分析する中で、ワンランクアップの活用をご提案します。

成熟した市場においては、大量生産・大量販売…というかつての手法は大きな効果を上げられなくなりつつあります。また、消費者の選択の幅が広がった現在、顧客をいかに自社につなぎとめるかは、大切なテーマです。企業視点の画一的なセールスではなく、顧客視点のきめ細かい対応が求められる中で、DMは、今後ますます活用の重要度を高めると同時に、品質の向上や、顧客に対する配慮などがさらに問われていくはずです。